結婚後の看護師の働き方

常勤看護師として病院や老人ホームなどで働いてきた看護師は、しばしば結婚したらもう働くのは難しいと考えることになる。残業が多くて毎日家事を行うのは困難に感じられたり、ときどきであっても夜勤があるのが家族に迷惑になると感じやすいからである。家族と生活リズムが合わないという点が気にかかってしまうことも稀ではない。常勤で働いていると家庭と両立させるのは困難だという結論に至りやすい。
しかし、看護師として働く際には他の働き方も選びやすいことは念頭に置いておくといいだろう。パートやアルバイトで働くという方法を選べば勤務時間や夜勤の問題は解決できることが多く、家庭と両立させるには優れている選択肢になる。派遣社員や契約社員として働く方法もあり、残業をなくしたり、限られた時間に働いたりする方法として優れているのが特徴である。
常勤で働くことにこだわりがあるという人の場合にも、結婚して退職してしまうよりはパートやアルバイトで働くのを選んだ方がいいだろう。ブランクを作ってしまうと常勤として採用されにくくなることに加えて、自分も自信をだんだんと失ってしまうことになる。パートやアルバイトなどで少しであっても働く時間を作り、ブランクがないようにしておくのが賢明である。
そうすることで、時間ができた際に常勤で働きたいと思い立ったら速やかに採用してもらってやりたい仕事に自信を持って携われるようになる。結婚しても続けられる働き方があるのは忘れてはならない。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です